貸衣裳を賢くつかう、こんな時、あんな時!

>

貸衣装は単に服を借りること?いえいえ、違います。

美しい衣装が集う結婚式

貸衣装を利用する最も代表的な場は、やはり結婚式でしょう。
女性なら特に、憧れていた一生に一度の晴れ舞台です。
結婚式では、新郎新婦はもちろんですが、親族や来賓者の誰もが正装です。
せっかくですから、洋装、和装どちらにしても楽しみたいものです。

ドレスは実に多種多様。
選ぶのに一苦労かもしれません。
ある程度、どんなスタイル、デザインが良いのかイメージしておくと選びやすいかもしれません。

和装の着物は、こちらもドレス以上に様々です。
凝った刺繍や模様、そして溜息がこぼれるような色使い。
帯も同様に様々です。
日本の伝統と歴史を感じる重みのある衣装、着物。
とことん、楽しみたいものです。

また、着物はどこで何のために着るのかで種類が違って、習わしや格式があります。
場違いな選択をして恥をかかないようにしたいものです。

式場ではない個性を出した結婚式を選ぶなら

結婚式や披露宴で複数の衣装を着る時に、髪型やメイクもドレスや着物に合わせなければいけません。
式場で全てセットになっていることも多いですが、内輪だけでお披露目するなど式場には頼まずにオリジナリティ溢れる式を好む方もいらっしゃるでしょう。
そういった方は、普段通っている美容室の方に相談してみるといいかもしれません。
貸衣裳屋さんと提携してる場合もあるので、衣装に合わせて髪型やメイクを考えてくれるかもしれません。
実際に美容室で衣装合わせもして当日のイメージをふくらませることができます。
しかし、貸衣装屋さん側からすると、たくさん持参できないので、一度はお店に来てもらっていろいろと衣装を見てほしいそうです。。


この記事をシェアする